*script by KT*

2006年04月13日

左の手首・・・。

3日ほど前から、左手の手首が痛いです。
ひねったような痛みで、何かを持って手首をひねろうとすると激痛が走ります。
寝返りしてもがいているめいこを仰向けにしようとしたとき、あまりの痛みに落としそうになってしまいました。
とくにひねったような記憶はありません。

なんで〜(≧□≦;)〜〜?

ダンナには「パソコンのしすぎだ」なんていわれましたが、それはないと思います。だって仕事してるときのほうが長時間パソコンを触っていましたから。10年、おなじ仕事してますが、こんなのは今回がはじめてです。

これがかの有名な「腱鞘炎」というものですか?

過去なったことがないので、よく分かんないです・・・。
早く治らないかなぁ。と冷やしてみたりしてますが、痛みは日々ひどくなってる気がします。困りましたε-(´ω`;)ふぅ・・・。
posted by ゆず at 15:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

ひさしぶり・・・(゚―゚;A)゛

なんか久しぶりにブログを更新します。
最近なんだか忙しくて・・・。
なんでだろう?

なので、コツコツ書きためてたものを一気に載せてみました。

妊娠話もそろそろ書きたいな。
つわり以来書いてないですからねぇ・・・(゚―゚;A)゛。
posted by ゆず at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

ふたりきり

明日はダンナの実家の近所の人の結婚式です。

ワタシにはなぜ「近所の人」を招待するのか理解できませんが、そういった「シガラミ」があるんだそうです。ド田舎ですから。
だからワタシたちの結婚式にも招待してたですヨ。
ビックリするくらい大勢・・・(゚―゚;A)゛。

それより明日は朝が早いとかで、今晩から実家でいるんだとか。
「ふ〜ん。別にいてもいなくても同じだからいいけどネ」
なんて言うと、ちょっと凹んでましたヨ(゚∀゚〃)ケケケ(←オニ^^;)。

そんなわけで今晩はめいこと「ふたりきり」です。
今日が「初」というわけでもないし、お風呂はいつもワタシが入れてるし、困ったことは何一つないという状況でしたが、ひとつだけ問題がありました。

それは「夜泣き」です・・・(´―`;)。

一時はおさまっていたのですが、また最近しはじめました。
2時間おきです。
ココのところ毎夜(゚―゚;A)゛。
眠すぎです。
ダンナは「仕事」を笠に着て起きもしない(#`□´)=3。
休前日くらいはワタシを寝かせて!!
と思ってたのですが、今回は残念ながら見送り・・・。
翌晩の働きに期待(?)します。

さて、いまからお風呂です。
今晩はぐっすり寝てくれますように・・・。
posted by ゆず at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

得意技

以前、友人宅にて見事「寝返り」を完成させためいこでしたが、自宅では全然しません・・・。

なぜ?
自宅はイヤなのか?
あと少しなのに!
 ・
 ・
 ・
なんてドギマギさせられていました。
が、ついに自宅でもやりました!!

きゃあ♪ゞ(^▽^〃)ノきゃあ♪ゞ(〃^▽^)ノきゃあ♪

なんて拍手喝采で喜んだものです。

そして最近では「水を得た魚」といわんばかりです。
しかしまだ自分では仰向けに戻れないので、気がつけばうつ伏せで「んっ!んっ!」と苦しそうな声をあげています。挙句のはてには、座布団から床の上に転げ落ちるという事件まで起こしてしまいました・・・Σ(゚□゚|||)ぎゃあ!!!
おでこの左側を強打したらしく大泣きです。
1日、様子を見ていますが、変わったところはありません。
このまま何ゴトもなく過ぎてくれることを祈るばかりです。

寝返りをするようになって、ますます目が離せなくなりました。
分かっていたはずなのに。
目を離してしまったワタシたちが悪いのです。
全然ありえることと認識しておくべきだったと反省一色です。
もっと気を引き締めなきゃ(`−´;)ですね。
posted by ゆず at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

カミナリ

整形外科へ行った日。朝からどんよりと曇っていました。
そして病院から帰ってしばらくすると、ついに雨が降りはじめました。
静かに降る細かい雨のことを、春の雨と書いて「春雨(はるさめ)」。文字のとおり春に降る雨のことを言うのですが、そんな生易しい降りかたではありません。
まるで夏の夕立です!
まるでスコールです!!(←いい過ぎ^^;)
降る前に戻ってこれてホントよかった。と窓の外をのぞくと・・・。

ゴロゴロゴロゴロ・・・・!!!

カミナリです。まさに夕立・・・。
めいこはカミナリ初経験です。
バッと振り返ってめいこをみて見ると、何ゴトもなかったかのようにガーゼを顔に乗っけて遊んでいます。

ゴロゴロゴロゴロ・・・・!!!

カミナリは鳴り止むことなく続いて、ときおり窓が振動で細かくゆれます。
が、めいこは無関心です。
泣くかなぁ(^∩^〃)。なんて期待してたのにガッカリです。

めいこ・・・。あなたは「オオモノ」です。
あきらかにワタシのほうがカミナリにビビッています。
感服です・・・(−_−;A)゛。
posted by ゆず at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

脱臼検査

さて3ヶ月と4ヶ月の脱臼検診で「おしめ指導」を言い渡されためいこですが、先日やっと町の総合病院へ行ってきました。整形外科にて精密検査です。

10時45分、病院へ。予約は11時なので、めずらしく余裕の到着となりました。
そして受付のオネーサンに予約をしていることを告げると「はぁ?なに言ってんのこの人」という顔をされちゃいました。無愛想に口を開く受付係。ものすごく感じ悪いです。
受「はじめてですか?」
ワ「・・・はい」
受「じゃあ、診察申込書を書いてください。後ろにありますから」
後ろを向くと小さな机に黄色い書類の束が置いてありました。
ワタシはめいこを抱っこしたまま、ペンを持ち必要事項を書きはじめましたが、この机、ビミョーに低いんです。車椅子の人用?でも、それにしては高すぎです。なんなのでしょう?
そのうちペンを持っている手が震えてきました。

めいこ・・・重いヨ(´`;)。

ロビーのソファーはすこし離れた場所にあって、めいこをひとりで置いておくのは気が引けます。なので自分たちしかいないことをいいことに、めいこを机に座らせて書きました。
まったく総合病院なんだからベビーベッドとまではいかなくても、椅子のひとつくらい置いてほしいものです。

そして再び感じの悪い受付へ。
受「じゃあ、これを持って診療科受付へ行ってください」
差し出されたのは空のクリアホルダーに診察券が入ったものでした。
ワ「これは診療科受付でいいの?」
検査結果を市に報告するための書類はどうするのかと聞くと、またもやイヤな顔です。
受「すこし待ってください」
面倒そうになにやら事務手続きをしているようです。しばらくして報告書をはさんだクリアホルダーを渡されました。言葉は丁寧だけどその態度はなんなんだ?(#`□´)=3

そして整形外科の診療科受付へ。看護士さんにクリアホルダーを渡しました。
看「はじめてですか?」
ワ「はい」
看「じゃあ、問診表書いてくださいね。・・・大丈夫かな?」
ワ「あぁ、大丈夫です」
めいこを抱っこしたままのワタシを気遣ってくれました。どこかの受付とはエライ違いです。カウンターの高さもちょうどよく、ラクに書くことができました。
看「じゃあ、順番がきたら呼びますので、すこし待っててくださいね」
ニコニコしてくれる人にはめいこもニコニコしています。さっきの受付では不機嫌だったのに。やっぱり赤ちゃんでも感じがイイとか悪いとかってのは見分けてるんですね。すこし感心です。

しかしここの病院で「すこし」という言葉ほどアテにならないものはありません。刻々と時間が過ぎていきます。めいこは待合所の椅子に寝転がり、時折「あう!んぶ!」などと声をだし、ヨダレ拭きようのガーゼでゴキゲンに遊んでます。周りで待っている人たちは微笑ましく眺めててくれました。怒るような人いなくてよかったです。時々赤ちゃん相手に大人気ないヒトいますから・・・(´`;)。

待つこと40分。ようやくめいこが呼ばれました。まだこの病院にしては全然早いほうです。
診察室に入りめいこをベッドに寝かせました。看護士さんがオムツをはずして、先生が足をグリグリと動かします。
先「市の脱臼検診でおしめ指導?2回?ふ〜ん、どっちって言われた?」
ワ「はじめは左足で、2回目はなにも・・・」
先「ふ〜ん、じゃあ首もみようか」
めいこの向きをかえて、頭を右へ左へ。
先「なんともないと思うけど、いちおう写真みとこうかね。安心でしょ」
看「じゃあ、これを持って放射線科へ行ってくださいね。写真ができたら渡してくれるから、それ持ってまたここの受付に渡してくださいね。また呼びますから」
渡されたクリアホルダーにはレントゲンの依頼書が入っていました。すごいです。裏には放射線科までの地図が・・・。まぁ、知らない人には親切だよね。きっと看護士さんの時間短縮なんだろうな。なんて思ったけど、役には立ってないみたいです。だって、行き方の説明を看護士さんが地図を見ながら説明してくれましたから。(残念?^^;)

そして放射線科で受付を済ませ、いざ撮影です。
重たい扉を開け撮影室に入るといろんな機械が置いてあります。「どれ?」と迷っていると、技士さんが入ってきました。
技「オムツとってここに寝かせて・・・。あぁ、お母さんには足を押さえててもらいますから防護服を着てください」
そう言ってなにやら青いエプロンのようなものを持ってきて、ワタシが腕を通すと、背中でキュッとひと締め腰でペタッと留めてくれました。ズッシリ重いです。ヨレヨレとめいこのオムツをはずし、台の上にのせます。股を開き膝をギュッと押さえました。
技「動いちゃうと写真がブレちゃうから、グッと押さえててくださいね。すぐ撮りますから」
そして慌てて部屋から出て行き、マイクで「撮ります」といい、しばらく声が聞こえなくなりました。
あれ?
終わったの?
まだ?
あ゙・・・Σ(゚□゚|||)動いちゃったヨ?
 ・
 ・
 ・
そして戸惑っているワタシのところへ技士さんがやってきて、写真を確認するからと撮影板を持ってまた出て行きました。う〜ん、カメラのように撮影時の音をつけて欲しいカモ・・・。終わったか終わってないか分かりにくすぎです。
しばらくしてまた技士さんが入ってきて、どうやらうまく取れていたようで「服を着せてあげてください」といって、機材を片付けはじめました。その横でめいこに服を着せます。ついでだからここでオムツも新しいのに換えちゃいました。
受付でレントゲン写真とクリアホルダーをもらって整形外科に戻りました。

整形外科の看護士さんに写真を渡し、また待合所の椅子に座って待ちます。
めいこはかなりゴキゲンです。病院にいるのにめずらしいです。椅子に寝かせると「んぶっ!」と怒るのでタテ抱きにしていると「あ〜ふ〜。あ〜ふ〜」と上機嫌。しかし、それが「あ〜ほ〜。あ〜ほ〜」といってるように聞こえるものだから、待っている人たちから失笑をかってしまいました。
当の本人はお構いなしですけどね(^^;)。

10分ほどで呼ばれて診察室へ入ると、めいこのレントゲン写真が貼ってありました。ワタシにはなにがなんだか・・・。
先「問題ないですよ〜」
ワ「え?(゚∀゚〃)ホントに?」
先「脱臼はしてないけど、おしめ指導のときにゴチャゴチャ言われたこと守ってたら大丈夫だから。あとは・・・、○○さんから聞いて。得意だから」
ワ「は?」
看「は?私ですか?」
先「ベテランでしょ」
看「まさか。ふたりしか育ててませんよ」
ワ「プッ(^∩^〃)」
ふたりのやり取りがオモシロくて、つい笑ってしまいました。
先「まぁ、大丈夫。これからも生活は気をつけてね」
ワ「はい、お世話になりました」(ぷぷぷッ^∩^〃)

整形外科を出て会計(無料)を済ませ、やっと帰ってきました。ほぼ2時間・・・。長かったです。しばらくは病院とは無縁でありたいと思いました。
でも何ゴトもなくてホントによかったです。これで安心できます。
だからって、気を抜くことなく脱臼しないように気をつけないとね。うちにはすぐ気を抜いちゃう男がいますから・・・。よ〜く言い含めなきゃε-(´ω`;)ふぅ・・・。
posted by ゆず at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

盲導犬サポート

昔は全然興味のない話題だったのですが、めいこが生まれてからはとても気になる話題となりました。もしもこの先めいこがその助けを必要としたとき、無関心だった自分のことをどう思うだろう?なんてコトを考えだしちゃうと、どんどんネガティブな発想が出てきて・・・。涙が止まらなくなったりして、バカですねぇ。





でも妊娠してから涙もろくなりました。
出産したら直ると思っていたんだけどそのままです。・・・何なのでしょう?
posted by ゆず at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

雪がなくてもOK?

今年の冬はたくさん雪が降りました。
雪景色がテレビに映るたびに、スノーボードが大好きなワタシとしてはウズウズしてしまい「今シーズンは滑りに行けなかったなぁ・・・」なんて思っちゃう日もありました。
でも、さすがに2・3ヶ月の赤ちゃんは連れては行けないですよね(^^;)。かといって親に預けて行くっていうのも気が引けちゃいます。まぁ、預けて行ったとしても、めいこのことが気になって楽しむどころではないはずです。
次のシーズンには一緒に行けることを願いつつ、今シーズンはあきらめました。

そしてフラフラといろんなサイトをさ迷っていますと、見つけてしまいました。
雪なんてなくても大丈夫!まさにスノーボードな感覚を楽しめるスケートボードを!!

その名も「Tボード!!」ヾ(>▽<〃)/゛きゃあ〜♪

欲しいです!
これさえあればどこでもスノーボードです!
しかも寒い雪山じゃないので、めいこを連れて行くことも可能です。
こんなうれしいことはありません!!

しかし無給生活者のいまのワタシにとって、ものすごく高価なものです。うちのダンナも「いいなぁ〜」とか「やってみたいなぁ」なんていってますが、やはり家計が・・・。
こうなったら、なんとか切り詰めて行くしかありません!
どうにかこうにか策を練ってみようと思います。
でも、ふたつも買えるかなぁ・・・(´`;)。




新感覚スケートボード

Tierney Rides

posted by ゆず at 01:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

お墓参り、その2

ワタシの実家のお墓参りに行ってきました。
この日のお天気は悪くはありませんでしたが、やはりめいこはお留守番となりました。
それはなぜかといいますと、うちは父方のお墓も母方のお墓も近くにあるため両方お参りします。問題は母方のお墓の場所でした。母方のお墓は山の斜面にあるため、見晴らしはとてもいいのですが、そこまで行くためにガタガタで急な階段を上らなければなりません。なのでダンナがイヤがりました。

「落ちたら危ないよ。こけるかも。そんなのコワイよ」

・・・すでに落とす気満々のいい訳です。
仕方なくめいこはワタシの母に預ける予定だったのですが、あいにく不在だったため弟に預けて行くことにしました。なんとも意外なことに「姪バカ」になったうちの弟。文句のひとつも言いません。めいこを抱っこしてうれしそうです。たしか昔は「子供キライ」なんていってたような・・・。まさに赤ちゃんマジックですネ。

うちのお墓にも出産後はじめてのお参りとなりました。ちゃんと報告と無事に生まれたお礼、そして「これからもヨロシク」とあつかましいお願いをしてきました(^−^〃)。

これで春のお彼岸は無事終わりです。
お盆のお参りにはめいこも一緒に行けるといいのですが、またダンナがイヤがるのかな・・・。
posted by ゆず at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

お墓参り

きのうはダンナの実家へ行ってきました。
ちょうどお彼岸なので、めいこも一緒にお墓参りと思っていたのですが、外は冷たい風が強く吹いていて、とても赤ちゃんに優しいお天気とはいえません。
なのでお墓へはダンナとふたりだけで行ってきました。残念ながらめいこはダンナの実家でお留守番です。初のお墓参りは次の機会に。ということになりました。でもきっとお盆まで行かないんだろうな・・・(^^;)バチ当たり?

よく考えてみると、きのうは出産後はじめてのお墓参りでした。ちゃんと出産の報告と無事生まれてくれたことのお礼ができたのでよかったです。
ご先祖様は大切にしないとね(〃^−^)b。

・・・でもワタシが言えた立場じゃないか(^^;)。

お彼岸の中日にはワタシの実家の方のお墓参りに行きます。
暖かくなってくれるとうれしいんだけど・・・、お天気ばかりは分かりませんものね。
posted by ゆず at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

はじめました

もうひとつブログをはじめました。
ここで書いても良かったのですが、すこし趣旨がちがうような気がしたので・・・。

ブログ「すろうな時間
地球にやさしいワタシでありたい。
そんな思いから無添加石けん生活をはじめました。かれこれ7年になります。
最近は食品や住まいについても気になりはじめました。
そして時には、肩のチカラを抜いて、がんばっている自分へのご褒美。
ワタシ流の「まったりとすろうな時間」の楽しみ方などを紹介します。

興味のある方は、すこしのぞいてみてくださいね。
posted by ゆず at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

かぜ?

体調管理には気をつけて!とあれほど口を酸っぱくして言っていたのに。
風邪ひいたら自分の実家に帰らせるわよ!とあれほど脅していたのに。
ついにダンナが風邪をひきました。

日曜日の夜、ダンナが「鼻が詰まってつらい。ちょっと熱っぽいかも。花粉症かなぁ?」と言いだしました。そこで「かぜ菌は実家に帰れ!」と言うと「いや、これは花粉症だ!」と言い張りました。

ところが翌日、仕事から戻ったダンナ。マスクをしています。
「かぜひいたわ〜。熱あるもん(といっても37.0度)。やっぱり実家に帰ったほうがいいか?」
家に戻ってきてから「実家に戻ったほうがいいか?」とワタシに聞くのもおかしな話です。
日頃から「帰れ!」と言われてたのですから、会社から実家に帰ればよかったんです。会社からだと実家まで車で25分ですが、家からだと40分かかります。熱のある息子が家から追い出されたなんて醜聞のいい話ではありません。いらない物議を呼びそうです。なので「あした会社を休んで病院へ行き、ひどくならないうちに治すこと」を条件に家にいることを許しました。

そして翌朝「熱ないから仕事に行くよ。終わったら病院よって帰ってくるから」というのです。約束が違います。ただ熱がないだけで風邪が治ったわけではありません。寒空の下で体力を使う配達の仕事は、中途半端な風邪を悪化させる危険性大です。「休むっていう約束だったはずなんですけど?」と言うと「きのう仕事してないから行かなきゃ大変になる。熱もないのに休めないよ」との答え。そしてワタシの返事も聞かず「じゃあ、行ってくるね」と出て行ってしまいました。

だまされました。またもや約束違反です。怒りがフツフツと湧きあがります。

ワタシはダンナの体や仕事を気にして言ってるのではないのです。めいこに風邪をうつされたくないから、ワタシに風邪をうつされたくないから言っているのです。
だって、そうですよね?
めいこが風邪ひいた場合、誰が看病するんですか?
ワタシが風邪ひいた場合、誰がめいこのお世話をするんですか?
答えはどっちも「ワタシ」なんです。
だから気軽に風邪の菌など持ち込んでもらっては困るんです!

きのう仕事したとかしてないとか、そんなのは関係ないんです。なによりも早く風邪を治すことが大切だったのに、今、はじめはしていなかったはずの咳をするようになっています。これが家庭より仕事を優先した結果です。
ダンナ自身「そんなつもりはない」のでしょう。こんな男性の末路は悲しいものです。「熟年離婚」ダンナは他人事のように言っていますが、決して他人事じゃないんだと思っててほしいです。たいていの原因は些細なすれ違いの積み重ねです。気の短いワタシは「熟年」まで待てないかもしれません。家庭より仕事を優先させるということは、そういうことに繋がると心得てほしいものです。
posted by ゆず at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

パソコンがぁ〜(T−T;)

なんか最近エラー表示がバンバンでるなぁ。なんて思いながら放っておいたら大変なメにあいました。

エラー表示が消えない・・・。

いろいろなサイトを回ってみましたが、頭の悪いワタシには理解不能・・・。もうノーミソがショート寸前です。なんとか半日がんばってみましたがダメです。もう自分の手で修理など不可能です。
ええい!こうなったら最終兵器リカバリ出動です!!
が、必要なデータをDVDに移すだけでも大変な作業でした。ほぼめいこの写真のデータなのですが多すぎです。親バカなワタシ・・・無駄撮りしすぎです・・・。く〜(>_<;)。

でもカワイイね〜(^―^〃)。(おバカさんなワタシです・・・)

そして横で泣きわめくめいこの相手をしながら、リカバリをはじめました。
パソコン知識の薄いワタシ。そんなワタシよりさらに知識の薄いダンナです。なので慌てふためくワタシには目もくれません。休みなのに自分のコトばかり・・・。

せめてめいこの相手くらいしてくれ〜(T□T;)。

いろんなソフトをインストールしなおして、やっと復旧完了。まる2日かかりました。もうゴメンです。疲れました。ワタシがずっとパソコンにかかりきりだったので、めいこがふてくされています。父はイヤなのか・・・?
夜が明けたら存分に遊んであげようと思います。バカな母が・・・。
posted by ゆず at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

ベビーケアルーム

お天気もいいのでお買い物へと出かけることにしました。
まず向かったのはとある百貨店の子供用品売り場。
安物バンザイなワタシたち夫婦にとってここのモノは質はいいのだけど高いのが難点。でも今は冬物バーゲン中なので、いい服を安く購入することができました。
全部で3点。かなりv(^▽^ )お得です♪
次に向かったのは休日はいつも人でいっぱいなショッピングセンター。もう夕方なので客足も引いたかしらと行ったのですが、甘かったです。それでもピーク時よりはマシなので店内をうろつくことにしました。ここでも冬物バーゲン中で、めいこの服を3点買いました。ウキウキと散財しすぎました。
でも子供服選びは楽しくてやめられそうにありませんね(^‐^;)。

さてさて乳児連れでうれしいのはベビーケアルームの存在です。
ベビーベッドはもちろん、カーテンで仕切られた授乳室はおっぱい派のママさんにはうれしいですよね。ちなみにめいこは外出先ではミルクです。
今回のお店は2店とも十分な広さが備わっていて、百貨店では身長計と体重計までありました。平日は相談室にもなるようでした。

問題はショッピングセンターでおこりました。
めいこのおむつを換え、寝かせたままだと泣くのでワタシが抱っこして、ダンナがミルクを冷ましていたところ両親に子供が3人の親子がやってきました。そして母親が一番下の子のおむつを換えています。そこまでは良かったのです。が、ほかの子供たちは部屋の中を駆けまわり、父親はふたつある3人かけようのベンチを荷物などで占領。
めいこを立ったまま抱っこしていたワタシは座るところがありません。ワタシたちの視線を完全無視の父親。子供たちが自由に遊べるキッズスペースが外にあるにもかかわらず、ベビーケアルームの中で遊びまわる子供たちを諌める気配もありません。
ワタシは仕方なく授乳室が空いていたのでそこでミルクをあげることにしました。ダンナは外で待機です。

おかしいと思いませんか?
授乳室は空いてるとはいえおっぱいをあげる人が利用するところです。めいこはミルクですからベビーケアルーム内のベンチで十分なのです。ところが別の親子の父親が占領してて利用することができないのです。
そのベンチを必要としてるのはワタシたちなのに、なにもしていない父親がどうしてそこに座るのでしょうか?
父親はなにもしてないのであれば外で待つべきなのではないのでしょうか?少なくともうちのダンナはそうしています。
もう少し公共のマナーを学んでほしいものです(#`□´)=3
posted by ゆず at 01:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

ダイエット

出産から2ヶ月とすこしが過ぎました。が、からだが元に戻りません(T-T )。

妊娠中に増えた体重は11キロ。出産5日目、はじめて体重計に。どれくらい減ったのかドキドキ。が、期待とは裏腹にたったの3キロしか減っていません。

ギャ(;゚Д゚)ウソッ!!

何度か量りなおすワタシに看護士さんが「そんなに劇的には減らないわよ」と一言。
出産後ワタシは人生で初めて「貧血」と診断されました。それで「母乳のためにも!」と食べ過ぎたようです。「少し減らそうかな」と考えていた矢先、そんな浅はかな考えなどお見通しとばかりに「でも貧血なんだから食事は減らさないようにね」と、先に注意されてしまいました。

退院後は慣れないめいこのお世話にかかりきりで、自分の体調や体重の管理などは後回し。ついにほとんど変化のないまま今日を迎えたわけです。
とりあえず、散歩からはじめようと思います。今からでも間に合うかしら?
posted by ゆず at 17:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

夜型生活から朝型生活へ

平気で朝4時・5時まで泣きつづけていためいこ。ワタシは夜中起こされて睡眠不足。イラッとこないためにも、めいこに合わせて昼まで寝て夜遅くまで起きる、そんな生活をしていました。まぁ、もともと朝早く起きるのが苦手だったワタシは、夜型生活は苦になるものではありませんでした。
しかし最近のめいこは、夜まとめて眠ってくれるようになりました。眠る時間は1〜2時の間で少し遅いのですが、朝は7時ごろまでグッスリです。
というわけで、ワタシも遅くまで起きてる理由がなくなりました。
会社への復帰はまだ先ですが、めいこを保育園へあずけることになれば早く起きなければなりません。朝の苦手なワタシは再び朝型生活を開始しようと訓練を始めることにしました。
7時〜8時にめいこが起きるので、そこから起きて活動しよう!と、意気込みだけは立派なのですが、なかなかうまくいきません。
それに会社へ復帰すれば7時起床では遅刻です。最悪6時半、希望は6時といったところですが、・・・ため息が出ます。できるのか?疑問です。
とにかく朝早く起きることに身体を慣らそうということで、今日は10時起床なら明日は9時と1時間ずつ縮めていくことにしました。果たしてうまくいくでしょうか・・・。
posted by ゆず at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

無神経!

夜12時から1時ごろ、決まってグズグズと言いだすめいこ。今日もまたグズグズ言ってて、やっといま寝付いたところです。
ダンナがリビングから寝室へ移動しようとしたので「静かに行ってよ。いま寝たところなんだから」と声をかけました。発泡酒でいい気分なダンナは「わかってるよ」といいながら、ドスドス歩き寝室へ。ガバッと布団をめくり、ドスンッと中へもぐり込みます。
めいこはビクッと身体を震わせ、眉間にしわ・・・。
お願い(≧人≦;)泣かないで!
ワタシの必死の願いが通じたのか、めいこは再びおやすみモードに。そしてダンナは、ワタシの苦労などお構いなしとでも言わんばかりにグースカいっています。
あ゛〜、イライラがきたぁ〜(♯`△´)=3。
しかし、めいこが寝てる以上怒鳴るわけにもいかず、ワタシは怒りをグッと我慢しなければならずストレスに・・・。
あまりにも無神経すぎるだろ〜〜〜!!バカ〜〜〜!!(心の叫び)

一、ドスドス歩かないで。
一、ドアは静かに開け閉めして。
一、大きな声は出さないで。

どれも難しいお願いじゃないとワタシは思うのです。が、ダンナには難しいのでしょうか?いっこうになおる気配がありません。
ダンナは「めいこが起きてたら問題ないだろ」と言うのですが、めいこは起きててもダンナがアクションを起こすたびにビクッと身体を震わせます。小さな赤ちゃんの心臓にどれほどの負荷がかかっているのだろうか。ワタシはその姿がかわいそうで、寝てようと起きてようと守ってほしいのです。どう言えば分かってくれるのでしょうか・・・。
posted by ゆず at 02:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

勤続手当

ワタシがいまの会社に就職してから、今年で10年になりました。
そして先日、勤続者の表彰式があったのだそうです。当然ながら育休中のワタシは欠席したのですが、無給生活中のワタシには朗報。
なんと「お手当て」が出たのです!(>▽<)ノきゃ〜♪。このときばかりは、辞めずにいてよかったと心底思いました。

さっそく「なにを買おうか?なにが欲しい?」などと、めいこに語りかけます。意味もわからずニコニコ笑顔のめいこに「服かな?おもちゃかな?」と上機嫌のワタシ。
仕事を終えて戻ってきたダンナに報告すると「好きに使えば?」だって。「貯金しとけ」と言われると思ってたから少し拍子抜けでした。
しかし結局は「生活費」の足しになりそうです。なぜなら厚生年金などは育休中でもきっちり払わなければならず、毎月マイナスの給与明細が届いていたからです。そして2ヶ月に1度、会社に支払いに行かなければなりません。そう給与明細とは名ばかりで、実態は借金の請求書だったのです(≧△≦;)ギャフ〜。

めいこの誕生は心からよろこびましたが、ダンナの給料のみで生活するのはかなり苦しい状態です。それに、いまは貯金を食いつぶすばかりでいいことなしです。
子供はかわいくて生みたいけど、生活が・・・。なんて人がたくさんいて、少子化傾向なのかもしれませんね。対策を練るなんていってるけど、どうなんですかね。ワタシたち夫婦のようにギリギリ生活している家庭にも、生みやすく、育てやすい環境に変わることを期待します。
posted by ゆず at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

修正します

前回の「妊娠発覚までのワタシ」の文中で、産院にて妊娠が発覚した月が「2月」となっていましたが、正しくは「3月」でした。
さっそく間違いが・・・。すみません、修正しておきます。
posted by ゆず at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

妊娠発覚までのワタシ

最初に少しだけ「妊娠までのワタシ」がどんなだったかを記録しておこうと思います。

1997年10月
友人の働くカラオケ店でダンナと遭遇。ほぼナンパに近い感じでお互いの連絡先を交換。

1997年12月
ただなんとなくという感じから交際がスタート。

1998年1月
スノーボードをはじめる。ワタシが友人(♂)と行ったものだから早くも破局の危機を迎えるが、またなんとなく元サヤにおさまる。
その後、幾度となく破局の場を迎えながらもダラダラと交際が続く。

2003年10月
6年という交際期間を経てついに結婚。
が、妊娠は拒否。(まだ遊びたいというケチな理由で)
そして、やはり幾度となく破局の場を迎えながらもダラダラと結婚生活が続く。

2005年2月 →3月(修正:2006.1.12)
毎週のようにスキー場へ通っていたが、下腹部の痛みから試薬にて検査。結果は陽性。
産院にてついに妊娠発覚。(4週目)

大きくはこんなものですね。思い出してみるといろいろな事件がありました。ホントによく破局しなかったよね、と感心してしまうほどです。
妊娠記録のあいだに、ダンナとの出会いから結婚までの道のりも記録してみようと思います。ほとんどケンカ話になりそうですが・・・(゚−゚;)ん?。
ワタシたちはホントにケンカの多い夫婦です。ケンカする夫婦は仲が良いとはいいますが多すぎです。しかもお互い成長がありません。ワタシたちをよく知る友人も「またか」とあきれ返っているほどです。
しかし、めいこの手前少しは成長しておかないと面目がたちませんね。今年の目標は「大人になる!」に決定です。どっちが?などと言わず、お互いが大人になれるようがんばります。
posted by ゆず at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。