*script by KT*

2006年02月12日

赤アザの診察・・・大学病院へ行く

産院から町の総合病院へ。そして総合病院から大学病院へ・・・。
タライ回し中のめいこの赤アザ診察です。

先日、行ってまいりました。大学病院まで。
12時予約だったのですが、着いたのは12時40分・・・。遅刻です。
こんな日に寝過ごしてしまう悪い母なワタシ。バタバタと乱暴に着替えさせられるめいこ。ものすごくイヤそうです。
しかし遅れたかいあってか、待ち時間が少なくてすみました。結果オーライなわけですが、病院キライなめいこにとってはどちらにしても迷惑な話なのでした・・・。

受付を済ませ、形成外科外来窓口にカルテを入れます。中はバタバタと忙しそうです。これはずいぶん待たされそうだなと感じましたが、半時間ほどでお呼びがかかりました。
中に入り、やはり「ここで待っててください」とのコト。中で待つのと外で待つの何か意味があるんでしょうか?
診察室はカーテンで仕切られた部屋が3つ。めいこは1番の診察室待ちです。そしてやはり診察室の中の声が丸聞こえなのです。プライバシーとかっていいのかなぁ?と思ってしまいます。

そこへベッドに乗った患者さんが運ばれてきました。どうやら3番の診察室に入るようです。数人がかりで患者さんを診察台へ移しています。大変そうだなぁ。なんて見ていたら、白衣を着た学生がワラワラと診察台の周りを囲み、あっという間に診察台が見えなくなってしまいました。学生数十人の視線が患者さんに釘付けです。ウワサには聞いていましたが、コワすぎです・・・。
他人事のように眺めていると、1番の診察室のカーテンが開き、パジャマ姿の患者さんが出て行きました。
そして「めいこちゃん、どうぞ」と声がかかりました。
診察室の中は薄暗く中央には教授先生が座っていて、後ろには6〜7人の学生がずらりと並んでいます。

うひ〜(゚□゚;)さすが大学病院・・・。

少し引いてしまったワタシに先生が声をかけます。

先生「で、どこ?」
ワタシ「ここ(後頭部)と、ここ(うなじ)と、ここ(おでこ)と、ここ(左耳)です」

ワタシが指さすところに学生たちの視線が集中します。・・・穴があきそうです。

先生「う〜ん、頭の中にあるのは基本的に治療しません。髪が生えなくなるからね。困るでしょう?」
ワタシ「それは困りますねぇ」
先生「うん。で、おでこのは成長とともに消えるでしょう。そういう可能性はあります」
ワタシ「はぁ、可能性・・・」
先生「まぁ、あとは6ヵ月後、定期的に診ていきましょう。でわ」

は?(゚□゚;)もう終わりですか?

ワタシの心の声が聞こえたのか最後に「髪がのびれば見えなくなるから」とのおコトバ。・・・いや、そうじゃないから。とは思いながらも診察室をでるワタシたち。
診察時間はたったの5分!です。家から車で40分もかけてやってきたのに、診察はたったの5分!です。しかも定期的に診るって・・・5分なのに?また来るの?・・・ため息がでます。

しかし面倒でも、たった5分の診察でも、めいこのためにはいいコトなのだろう。いや、きっといいコトなのに違いない!と自分に言い聞かせます。そして、診療費は無料だし。まぁ、いいか。とヘンなところで納得してしまったワタシなのでした(― ―;A)゛。
posted by ゆず at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

うたうめいこ

笑うとすごくほめられるめいこ。
そう赤ちゃんに微笑まれて気を悪くする人などいません。大概の人が「かわいいなぁ〜」とほめ言葉を一言、二言。あたまを撫で、握手。どんな大人もメロメロです。
そしてそれに気をよくしたのか、最近は誰にでもニコニコと愛想をふりまく八方美人ぶり。将来に不安を感じます。

あ〜♪ふぇ〜♪あぉ〜♪め〜♪ふあ〜♪う〜♪>(〃^◇^〃)〜♪

はじめはなんであんな奇声を上げているのか不思議だったけど、しばらく観察してみるとまるで歌をうたっているように見えるではないですか。
天井を見上げながら、両腕でリズムを取り、ご機嫌よろしくうたうめいこ。

あ〜♪ふぇ〜♪あぉ〜♪め〜♪ふあ〜♪う〜♪>(〃^◇^〃)〜♪

おもしろいです。楽しいです。
上手かといわれれば、いいえ下手でしょう。って感じですが、ものすごく楽しそうです。
和みます。母にとってはサイコーの癒し音楽。ほんわか幸せ〜な気分になれました。

あ〜♪ふぇ〜♪あぉ〜♪め〜♪ふあ〜♪う〜♪>(〃^◇^〃)〜♪
posted by ゆず at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

赤アザの診察

産院にて紹介状をもらい、めいこの赤アザの診察に行ってきました。

そこは町の総合病院で、患者が多く、予約の時間を過ぎてもなかなかお呼びがかかりません。皮膚科の前に小児科があり、カゼひきの子供たちがたくさん待っています。めいこにうつったらどうしようかとドキドキです。もっと考えて診察室を作ってほしいものです。
そして1時間ほど待って、やっとお呼びがかかりました。中へ入ると「ここで待っててください」とのこと。

え゛〜(゚◇゚;)また待つの?

そこは診察室の声がまる聞こえで「孫がカゼひいた」とか「友達が骨折した」と関係のない話ばかり。あの〜、来る場所まちがえてませんか?
15分ほど話し続けた後、患者さんが出てきました。やっとめいこの番です。

診察室のベッドに寝転ばせ、後頭部を見て、少し触って、はい終了。
って、Σ(゚□゚;)早ッ!!

めいこの赤アザは「単純性血管腫」といって真皮の毛細血管の局所異常なんだそうです。治療はレーザーを照射して少しやけどさせる方法らしく、いくら重篤な後遺症が残った例はないと言っても、こんな小さな子に・・・コワイです。それに治療後、髪がはえなくなる可能性があるらしいのです。これは大問題です。
治療しなくても悪性のものに転じる可能性は低く、問題なく過ごせる場合が多いのだとか。それなら・・・。と言ってみたところ、治療をするためには大学病院へ行かないとダメで、いま早合点しないで1度話を聞いてみたら?ということで、紹介状を書いてくれました。

来週、大学病院の先生に会いに行きます。
なんかタライ回しにされているような気がするのですが・・・。気のせいですかね?
posted by ゆず at 03:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

後頭部のアザ

退院してから気がついたのだけど、めいこの後頭部には赤い大きなアザがあります。触っても痛がる様子もなく、大きくなったりしてないので大丈夫かな?と思っていました。
そして1ヶ月健診の際、なんとなしに聞いてみると「心配ないと思うけど、気になるようなら紹介状書くよ?」と言われました。
そんなふうに言われてしまうと余計気になります。が、結局その日は紹介状を書いてもらいませんでした。「心配ない」という最初の言葉を信じて。
しかし、その話をするとワタシの母が「検査してもらったほうがいいんじゃない?」と言いだし、ワタシの不安をあおります。
アザってなにか悪いことでもあるのかな?
そしてダンナとも話しあって「やっぱり検査したほうがいい」となりました。検査の結果「問題ない」と言ってもらってスッキリしようという魂胆です。だから夜が明けたら紹介状をもらいに行く予定です。ドキドキしてきた・・・(゚−゚;A)゙。
posted by ゆず at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。